季節によって保湿ケアの仕方は変えるべき?

保湿ケアは1年中同じ、という人は今すぐやめるべきですよ。気温・湿度に合った保湿ケアをしていかなければ乾燥肌になりかねないばかりか、年齢肌もぐっとあがってしまいますよ。

紫外線対策は1年を通して徹底すべき

「紫外線対策は夏のもの」と思い込んでいる人がいますが、紫外線ケアは季節を問わず行いたいもの。とくにシワ・たるみの原因となる紫外線A波(UVA)は5月にピークを迎えるといわれています。

確かに日差しは夏が一番強いのですが、紫外線は曇りの日でも私たちの頭上に降り注いでいます。しかも、紫外線ダメージは蓄積されて徐々にゆっくりと老化していくので、気がついたときになかったことができません。

ですので常に紫外線を意識した保湿ケアをこころがけましょう。とくに夏〜秋は紫外線ダメージの疲れが現れやすい季節。紫外線ケアだけでなく、美白ケアもできる保湿化粧品を選んであげるといいですよ。

季節別の保湿ケアのポイント

春は気温が暖かくなることで保湿ケアを怠けがちになる季節。でも気温差が激しくて思いのほか乾燥しやすく、さらには花粉によって肌トラブルも起こりやすいです。

まずは丁寧なクレンジングを心がけること。その上で化粧水・乳液・クリームなどでしっかり保湿をしてあげましょう。

夏は気温が高く、ベタつきによって肌が潤っているように見えますが汗のせいで肌の保水力が低下しています。エアコンの空気も乾燥を招きやすいです。

化粧水でたっぷり水分を補いつつ、油分でしっかり蓋をしてあげましょう。温冷タオルを使えば、発汗を抑えて潤いをキープできますよ。

秋の保湿ケアは、夏に受け続けた紫外線ダメージをいたわることを重点的に。厚くなった角質で肌がゴワゴワしがちなので、柔軟化粧水やピーリング剤でタンオーバーを促進することをこころがけましょう。

ターンオーバー後は肌がデリケートなので、保湿ケアはいつも以上に丁寧に。ビタミンC誘導体・セラミドが配合された化粧水がおすすめ。

冬に備えて体の内側のケアも行っておくと乾燥に負けない肌を作ることができます。栄養のある食生活をこころがけ、質の高い睡眠&適度な運動を心かげましょう。

冬は乾燥するだけでなく、気温もグッと低下して体が冷えやすい時期です。血行不良によって代謝も滞りがちになり、肌荒れを起こしやすいので暖かい服装やマッサージなどをして血行を促進させましょう。

保湿化粧品だけでなく、洗顔料やクレンジングなども保湿成分の含まれたものを使うにすると良いですよ。