保湿だけじゃない!日常のおすすめ美白ケア

シミやくすみで悩んだら、美白化粧品を使用しての美白ケアも大切ですが、出来れば普段からシミやくすみになりにくいような美白ケアを習慣づけたいですね。

シミを作ってしまう一番の原因は「日焼け」です。

「ちょっと外に出るだけ」という時も、陽が出ている間は必ず日焼け止めを塗って出かけましょう。

お化粧をする際には下地クリームやファンデーションにUV効果がついているか確認してから使用しましょう。

UV効果がついてない下地クリームやファンデーションももちろんありますので、それらの化粧品を使用する場合は先に日焼け止めクリームを塗るようにするといいですよ。

UV効果のあるファンデーションでも、付け方にムラが出来てしまう場合があります。

紫外線はシミやくすみの原因になりますので、日焼け対策には充分注意してくださいね。

日焼け止めは、「SPF60」や「PA++」などの表記で効果の高さを表していますが、SPFは紫外線に対してどれだけの時間耐えられるかを示している値です

SPF20ではおよそ6時間、SPF60では18時間程度の時間日焼けをせずにいられるという事になります。

SPFが高いものだと肌への刺激が大きいので、陽の下でどれだけ活動するかを念頭に入れてSPFの数値を選びましょう。

PAは、シミだけでなく皮膚を黒くしたりシワやたるみを防止する効果を示したものになります。+なら効果は低めで+の数が増えるごとに強くなっていきます。

シミやくすみ防止のためにはPAの+が多いものを選ぶのがベスト。日常的に出歩く程度なら++がオススメです。

化粧水や美容液での保湿ケアも大切

美白化粧品ではなくても、化粧水や美容液でのケアは健康な肌づくりのために大切です。

特に肌の保湿ケアは欠かせません。肌が乾燥してしまうとシミの原因になるメラニンの過剰分泌を招いてシミが出来やすくなってしまいますし、細胞の修復機能も弱ります。

適度に身体を動かして代謝を促進させるのも肌にとって効果的です。

血行が促進されると肌の表面に蓄積しがちな角質や老廃物を排出する働きが強まり、肌に溜まったメラニンを排出することでシミやくすみを改善させることができます。

この肌の代謝をターンオーバーといい、年齢とともに機能が低下していきますので、意識して代謝アップに努めましょう。

適度な運動は肌の代謝を上げるだけではありません。便秘や肩こりといった肌荒れと共に起こりやすい身体の不調も改善します。

毎日の食事の質も美白に関係ある!?

日常の美白ケアでは、食事の質も大切です。

外側からのアプローチももちろん、内側からアプローチもしていきましょう。

バランスのいい食事を心がけ、ビタミンCやビタミンEといった肌にいいビタミンを積極的に摂取しましょう。

緑黄色野菜はもちろん、果物や大豆といったものから摂れる栄養素は肌を作るのに欠かせません。

ストレスを溜めないことや適度な運動も必要

ストレスを溜めないことも大切です。

シミやくすみが出てくるとどうしても気分が落ち込んでしまいがちです。

美白ケアも少しずつ効果が現れてくるものですので、結果を焦ってストレスが溜まり肌荒れの原因になってしまうという不毛なループに陥る時もありますが「自分の肌のペースに合わせる」というのが最も大切。

好きな香りの化粧品を使ってみたり、好きな果物や野菜の中でビタミンが多いものを摂取したりしましょう。

「美白のためだから嫌いなことや嫌いな食べ物も食べなきゃ…」なんて頑張ることはありません。自分の食べられるものから栄養のあるものを積極的に摂取すればいいだけの事です。

運動が嫌いだという方も、ただ歩くだけやストレッチをするだけでも効果的なので、気負わずにはじめてみましょう。

毎日の肌のケアやビタミンを取り入れた食事も、「今日はああしてみよう」「次はこうしてみようと」自分なりのアレンジを加えながら楽しくやってみてくださいね。