肌質別の保湿化粧品の選び方

肌質別の保湿化粧品の選び方

保湿化粧品は肌質に合わせて選ぶことで、効果の現れ方が違ってきます。あなたは自分の肌にあった保湿化粧品を使っていますか?

肌質は水分量と皮脂量の多さによって、脂性肌・混合肌・乾燥肌・普通肌の4つに分けられます。

水分量・皮脂量がどちらも多い脂性肌

肌は潤っているけれど皮脂も多くて気になるアナタは脂性肌です。テカリやすく毛穴トラブルが起こしやすい肌質といえるでしょう。

皮脂を取り去ってしまおうとゴシゴシ洗顔したり、さっぱりタイプの化粧水を愛用していたり、あぶらとり紙や毛穴パックを利用しているのなら、全て逆効果です。

いくらテカるとはいえ皮脂も最低限は肌に必要なもの。それなのに皮脂を取り除こうとしてしまうと、皮脂を過剰分泌させる原因となります。

熱めのお湯は皮脂を洗い流してしまうのでぬるめのお湯で洗顔して、タオルをぽんぽんあてて水分も優しく取り除く程度にしましょう。スクラブ・ピーリング効果がある洗顔料を選んであげると、テカリ予防に効果があります。

脂性肌の人はついついさっぱりタイプのある保湿化粧水を選びがちですがこれもNG。皮脂を過剰分泌させないためにも肌に優しい無添加化粧水を選びましょう。

もし、毛穴の開きが気になるのなら収れん機能のある化粧水を選ぶことで、毛穴を目立たなくすることができます。

水分量が少なく皮脂量が多い混合肌

Tゾーンはテカるのに、頬をはじめとしたUゾーンが乾燥しているアナタは混合肌です。日本人に最も多い肌質と言われています。

洗顔時はテカりの気になる部分から泡を乗せていきましょう。クレンジングはオイルは避けてジェルがミルクタイプのもの。濡れた手でもOKなものを選ぶと、肌への摩擦を極力減らすことができます。

隠れ乾燥肌といわれるだけあって、水分量が不足しているので徹底的な保水が必要。でも肌に均等に塗るのではなく乾燥が気になる箇所には多めに塗るのがコツ。手間でなければシートマスクで十分な潤いを与えましょう。

他の化粧水の浸透を促すブースター化粧水を利用するのもおすすめ。乳液・クリームは乾燥が気になるようならプラスしますが、手のひらでしっかり馴染ませてから薄くつけるのがポイントです。

水分量・皮脂量がどちらも少ない乾燥肌

洗顔してスキンケアをせずにいるとつっぱる・粉を吹くアナタは乾燥肌。乾燥が気になるからとバシャバシャ化粧水をつけてはいませんか?

保水も確かに大切ですが、乾燥肌に大切なのはまず肌の基盤を整えてあげること。

乾燥肌の人はクレンジングに一手間かけてほしいもの。目元はポイントメイク専用のリムーバーを有効活用して肌摩擦を極力減らしましょう。

洗顔はあっさり目に済ませるのがベターですが、しっかり石鹸を使うことをこころがけて。ぬるすぎるくらいの水温ですすぎましょう。

しっとりタイプの化粧水をハンドプレスして潤いを浸透させましょう。乾燥肌の人には収れん機能のある化粧水はNGです。

潤うからといってシートマスクを長時間つけたままにいるのもダメ。時間とともに水分が蒸発して乾燥してしまうので、使用時間を過ぎたらしっかりクリーム・乳液などで蓋をしてあげて。

乾燥が進みすぎると、肌のバリア機能が弱まって敏感肌に変化してしまうこともあります。敏感肌になってしまうとちょっとした刺激で肌が赤くかぶれてしまうので、保湿化粧品選ぶは慎重に行う必要があります。

可能なら無添加のものを、そうでなければアルコールフリーのものを選びましょう。セラミドは肌のバリア機能を高める働きがあるのでおすすめです。敏感肌用と記載のあるものや医師が監修したドクターズコスメを選ぶと間違いありません。

水分量が多く皮脂量が少ない普通肌

普通肌の人はそう肌トラブルも起こりにくく、特筆すべきスキンケアの注意はありません。

むしろピーリングをしすぎたり、化粧水を塗りすぎたりと必要以上のケアをしないようにこころがけましょう。過度のスキンケアは肌を疲れさせてしまいますよ。

 

あなたの肌質に合うスキンケア化粧品はどれ? → おすすめの保湿化粧品はこちら